Travelogue

STAMPSの旅の記録

| utilité |

フランスの香り漂う“Made in India”

風になびく、かろやかなテクスチュア。美しいタックやギャザー。
utilitéの“Made in India”シリーズは、
暑い季節に映える洋服がそろっています。

目を見張るほどの細やかなタック、たっぷりととったギャザー、ふわりと軽くやわらかな生地……。オリジナルブランド「utilité(ユティリテ)」で2018年から展開する“Made in India”は、特に人気の高いシリーズ。その名のとおり、生地づくりも縫製も、インドで行っています。

フランスのエッセンス×
インドのクラフツマンシップ

ご存知のとおり、ブランド名の「utilité」はフランス語。フランスのヴィンテージドレスや、パリの女性たちのシックでかっこいい着こなしがイメージソースであることに由来しています。そんな「utilité」が、なぜインドで洋服を作っているのか、不思議に思う方がいらっしゃるかもしれません。

“Made in India”シリーズは、モノトーンが基本だが、ベージュやペールトーンなどのニュアンスカラーも展開。いずれも甘さを抑えたモダンかつシックな色合いで、大人の女性に似合う

実は、インドとフランスは古くから深い関係があり、フランスにとって、インドはとても近い存在。インド更紗がフランス・マルセイユの港に伝わり、プロヴァンスプリントが生まれたことからも、その関係性を想像できます。そんな歴史からか、パリの街を歩いていると、カディコットン(インドで昔から手紡ぎ・手織りで作られるコットン地)の洋服を着ていたり、エスニックな洋服をエレガントに着こなす女性をよく見かけます。

また、インドは世界有数の綿の生産量を誇り、繊維産業がさかんな国。当然、縫製の技術も優れています。“Made in India”シリーズの特徴でもある、たっぷりととったギャザーやタックは、インドの職人さんたちのクラフツマンシップによって支えられているのです。

暑い季節を心地よく過ごすための生地選び

繊維産業がさかんなインドは、生地づくりの分野でも豊富なノウハウと高い技術をもっています。かろやかで清涼感のある素材が数多くあるのも、一年をとおして暑いインドならでは。

“Made in India”シリーズでは、日本の夏を快適に過ごせる生地をそろえています。たとえば、このシリーズの立ち上げから用いているコットンレーヨンは、薄手で軽く、清涼感があり、なめらかな質感と光沢をもつ生地。夏を涼しく過ごせると同時に、洋服に仕立てたときに上品な印象になるのが特徴です。

やわらかくふっくらと軽いコットンレーヨンを使用した「コットンボイルティアードブラウス」。フリルを重ねたデザインがエレガントながらモダンな雰囲気で、スカートやパンツなどボトムに合わせやすい

このコットンレーヨンを基本に、毎年、さまざまな生地をセレクトしています。2021年夏は、コットンとレーヨンにリネンをミックスした生地もラインナップ。リネンの吸湿性・速乾性が加わり、さらりとした肌触りを楽しんでいただけます。クロ、チャコールグレー、アイスグレーの3色です。

写真の上2つは、2021年夏に展開するコットンレーヨンにリネンをミックスした生地。とろりとしたなめらかな質感に、リネンの清涼感をプラスした

また、コットン100%の生地に、ふくらみのあるドットパターンの刺繍を施したオリジナル生地も登場します。通常、“インド綿”と呼ばれる生地よりも糸の打ち込み本数を少なくすることで、さらにやわらかな風合いと涼やかな雰囲気に。高温多湿な日本にぴったりな生地に仕上がりました。こちらも、クロ、チャコールグレー、アイスグレーの3色。

“Made in India”シリーズは、モノトーンを基本に、チャコールグレーやベージュといったニュアンスカラーで展開しているのも特徴。ギャザーやドレープといったフェミニンなあしらいをモダンでシックに見せることで、大人の女性にも似合うデザインとなっています。

コットン100%にドット刺繍を施したオリジナル生地は2021年夏に展開。この生地を用いて、人気の「リバーシブルワンピース」を製作した。薄手ながら、たっぷりと生地を使用し、二重に重ねることで透け感が気にならない

日常着からパーティーシーンまで。
ワードローブに加えたい一枚

“Made in India”シリーズのなかでも根強い人気を誇るのが、「リバーシブルフレンチワンピース」。1着で、2着分の着こなしが楽しめるアイテムです。

“Made in India”シリーズは夏に涼しく着られるよう、軽く薄い生地を選んでいるので、ワンピースを作る場合には裏地が必要となります。せっかくなら、表も裏も同じ素材をあしらって、リバーシブルで着られるワンピースを、と考えてデザインしました。

2018年の発表以来、人気の「リバーシブルワンピース」。写真はクロ×グレーで、表はベースが黒で裾にちらりとグレーのドレープが見え、裏に返すとグレーの単色に

表は、裾から裏側のドレープがちらりと見え、かわいらしくはなやかな雰囲気。裏へ返すと、シンプルなワントーンのワンピースになりますが、生地の重なりによって美しい陰影が生まれます。

ディテールにもこだわりが。首まわりはボートネックのデザインで、デコルテをきれいに見せます。袖はフレンチスリーブにすることで、二の腕が出過ぎないため、一枚でさらりと着ることができます。

また、生地をたっぷりと用い、裾に向かって広がるシルエットに。シルクのようになめらかな質感と光沢感をもつコットンレーヨンが、ドレープを美しく見せています。おおぶりなアクセサリーをつければ、パーティーシーンにもお使いいただける、上質な雰囲気です。デニムなどパンツを合わせてカジュアルダウンしても◎。

「リバーシブルギャザーフレアースカート」のベージュ×クロは、表はベージュと黒のツートーンが楽しめ、裏に返すとシックな黒に。たっぷりととったギャザーが魅力

さらに、リバーシブルの「ギャザーフレアースカート」も展開しています。さらにたっぷりと生地を使用し、ギャザーをふんだんにとったデザインが、女性らしさを演出します。真っ白なTシャツやカットソーなど、シンプルなトップスに合わせても、コーディネートが決まります。

現在(2021年7月27日〜)、広島三越において開催中の「utilité」POP-UP SHOPでは、今回ご紹介した“Made in India”シリーズを中心に、夏から初秋までを快適に、楽しく過ごせる洋服がずらりと並びます。「utilité」としては初となる単独のPOP-UP SHOPです。STAMPSがセレクトした服飾雑貨や生活雑貨もあわせてご紹介していますので、ぜひお越しくださいませ。

広島三越 utilité POP-UP SHOP

広島三越2階(広島県広島市中区胡町5−1)
期間: 2021年7月27日 –
※営業時間は広島三越のホームページをご覧ください
Instagram utilite

PHOTO:
三浦伸一
TEXT:
古山京子(Hi inc.)

Travelogue CHAPTER03_utilité

フランスの香り漂う“Made in India”