utilite

utilite

家でも街でも、楽しく、心地よく。
現代の暮らしになじむ“有用”な服。

“utilité(ユティリテ)”はフランス語で、“役立つもの”という意味をもちます。 その名のとおり、「暮らしの道具」として、女性にとって有用性のある服を作りたいという思いから、2015年にスタートしました。

イメージのもとは、フランスのアンティークドレスや、洗練されたパリジェンヌの普段の着こなし。

目をみはるほどの美しいレースやこまやかなタック、たっぷりととられたドレープ……。 utilitéを象徴するこれらのあしらいは、私たちが生まれる何百年も前から存在し、多くの女性の心をつかんできたもの。これらを「女性のスタンダード」ととらえ、モダンに落とし込んでいます。そうしてできるのは、着心地のよさはもちろんのこと、オン・オフ、カジュアル・フォーマルと、さまざまな場面で活躍する服。

家の中でも街中でも、楽しく心地いい。 フェミニンでありながらシックで、どこかクラシカルな趣をもちながら“今の空気”をまとう。さまざまな要素を織りまぜることで生まれる服は、現代の暮らしに、しっくりとなじみます。

utilite Instagram
@utilite